DIYで楽しくウッドデッキ作り

DIYで楽しくウッドデッキ作り

バナー原稿imp

ウッドデッキをDIYでつくる方法についてお話ししたいと思います。

最近、DIYという言葉をよく耳にするようになりましたね。
DIYを趣味にしている人も増えていますし、「ウッドデッキをDIYで!」という人もたくさんいます。

ウッドデッキをDIYでつくるには、どのような方法で、どんな順序で行えばいいのか調べてみました。
ぜひ、読んでみてください。

 

“DIY”は、英語の“Do It Yourself”の略語で、より良い生活空間を作り出すために、「自分でやってみよう!」という意欲的な姿勢と行動をあらわす言葉です。

ウッドデッキも、自らの手で、楽しみながら作ろうと考える人がたくさんいます。
今では、ホームセンターやインターネットで、DIYのための資材や工具が簡単に手に入りますし、初心者用キットも販売されていますね。
ウッドデッキ作に関する情報も数多くありますから、あとは、「自らの手で作ろう!」という意志、技術、スペースがあれば、誰でもウッドデッキを作ることが出来るのです。

ウドデッキ作りでは、ほとんどが電動工具を使うようになりますから、あとは「ノコギリを引く」「クギを打つ」といった、学校の技術家庭科で実習した程度の技術があれば、大丈夫だと思います。
さらに美しく仕上げたいという場合は、「カンナ掛け」や「ノミの扱い」が出来ると良いでしょう。

電動ノコギリやドリルは、はじめのうちは上手く扱えないかもしれません。
ですが、木材を切り、釘を打ちつけるたびに、少しずつ上達していくのを実感できると思いますし、これがDIYの楽しみでもあるのです。
プロのような仕上がりにはならないかもしれませんし、少々見栄えが悪いかもしれません。
でも、「自分の手で作り上げた」という充実感や、ひとつのことをやりとげた達成感は、DIYでなくては得ることができないものだと思います。

ウッドデッキを作るにあたって、「こうしなくてはいけない」という決まりはないのです。
ただ、上手く作るためのコツはありますから、コツを抑えたら、あとは作り手のアイディアと工夫を加えて作っていけば良いのです。

もし、あなたが「自分で作るのは楽しい」と感じないのであれば、無理をせず、専門店に制作を依頼するようにしましょう。

 

ホームセンターに行くと、さまざまな工具や資材がそろっていて、いつまで見ていても飽きないくらいです。
自分でウッドデッキを作るとき、「どんなふうに作ろうか」と、いろいろと考える時間も、また楽しいものですね。
考えている時間から、すでにDIYのウッドデッキつくりが始まっているんだと思います。
ただ、DIYは手作りを“楽しむ”ものですから、あまり楽しく感じない場合は、やはり、専門店に頼んだほうが良いようです。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>