ガーデニングに適した土作り

ガーデニングに適した土作り

バナー原稿imp

ガーデニングの土作りについて、お話ししたいと思います。

ガーデニングに適しているのは、保水・通気・保肥・排水、それぞれが優れた土ですが、最初からすべてがそろっている土はありませんから、ガーデニングの植物に合わせて土作りをする必要があります。

基本的なガーデニングの土作りについて調べてみました。
素敵なガーデニングのために、どうぞ読んでみてください。

 

ガーデニングや家庭菜園などの園芸で、最も重要なことは「土作り」である、と言って良いでしょう。
基本となる「土」が悪ければ、どんな植物もちゃんと育つことが出来ません。
良い庭を作る第一歩は良い土を作ることですから、しっかりと「土作り」に取り組みましょう。

ガーデニングには、保水性・通気性・保肥性・排水性に優れた土が適しているのですが、初めからこういった条件が揃っているということは、まず無いと思います。
そこで、植物や用途に合わせて、さまざまな種類の土や肥料を混ぜ合わせ、「土作り」をする必要があるのです。
今では、用途別、植物別に混ぜ合わせた「培養土」が市販されていますので、それを利用するのも良いでしょう。

目的に合った培養土が市販されていない場合、または、自分で「土作り」をすることからスタートしたい方は、まず「土作り」に必要なものを揃えましょう。

通気性に優れた赤玉は最も一般的な土であり、通気性と保肥力に富む腐葉土は、養分をたっぷりと蓄えた天然の肥料でもあるのです。

基本的なガーデニングの土は、「赤玉土7:腐葉土3」の割合で混ぜ合わせた土です。
「赤玉土7:腐葉土3」の土をベースにして、保水力を高めたい時には、ピートモスやバーミキュライトを全体の1割ほど混ぜるようにしましょう。

日本の土壌は強酸性が多いため、植物にとってあまり適したものではありません。
ですから、石灰を混ぜて植物に適した弱酸性から中性の土に中和して、栄養を与えるため、肥料を混ぜてあげましょう。
適した肥料を与えることで、植物の生育が良くなり、病気や害虫などの被害を抑えることができます。
ただし、育てる植物によって必要な養分が異なるので、肥料はよく調べてから与えるようにしましょう。

 

日本の土壌は強酸性が多いようですから、ガーデニングをはじめる前に、土作りをしておくことが大切ですね。
土作りには手がかかりますが、植物に適した土を作ってあげれば、丈夫に生長してくれますし、美しい姿を見せてくれます。

ガーデニングの全体の構想を決めたら、植物を選び、どんな土が適しているのか、よく調べておきましょう。
理想通りのガーデニングをしたいなら、まずは土作りからスタートです!

★★★
次エントリ>>