家庭菜園のための土作り

家庭菜園のための土作り

バナー原稿imp

家庭菜園の土作りについて、お話ししたいと思います。

植物にとって「土」は非常に重要なものですから、もちろん、家庭菜園をつくるときにも「土作り」がポイントになります。

家庭菜園で育てる野菜によって、適した土壌酸度などが異なりますから、その野菜にはどんな土が適しているのか、前もって調べておくと良いですね。

 

植物を育てるには「土」が重要なポイントになりますが、もちろん、家庭菜園にとっても「土」は大切です。
野菜によって適した土は違ってきますから、まず、どんな野菜を作るのかを決めて、その野菜に合った「土」を作る必要があります。
人の手を加えず、土壌と植物の力だけで栽培する「自然農法」も、下準備として、ある程度の「土作り」を行うケースもあるようです。

 

「土作り」のポイントは、その野菜に合った「土壌酸度、通気性、排水性、保水性、保肥性」にすることで、「良い土」で育った野菜は味が良く、病気や害虫にも強くなります。
一般的に、家庭菜園には野菜作りに適していると言われる黒土を使う場合が多いのですが、黒土は排水性が悪いため、腐葉土などを混ぜて排水性を高める必要があります。
また、酸度が強い土壌の場合は石灰をまいて中和し、保肥性を高めるために、腐葉土や堆肥を混ぜるようにしましょう。

「土作り」がうまくいったとしても、土に害虫がいたのでは植物に被害を与えてしまいます。
害虫を駆除するには、冬場に土を掘り起こして寒気や風雨にさらして死滅させるようにします。
このとき、堆肥をまいて「土作り」も同時に行えば、春を迎える頃には堆肥がなじみ、良い土が出来あがると思います。

 

土ができたら、次に、家庭菜園で育てる野菜に適した肥料を混ぜていきます。
肥料は主に「窒素、リン酸、カリ」の3種類ですが、既に野菜に合わせて混ぜてある土が市販されていますから、こういった土を利用すると手軽に家庭菜園ができますね。
市販されている土だと、土壌との関係で養分が不足することもありますので、自分の畑の状態を調べておいて、不足分を補ってあげましょう。

 

野菜の種類別の土は、とても多くの種類が出回っていますね。
こういった土を利用すれば、はじめて家庭菜園をつくるという初心者でも、気軽にはじめることができると思います。
あとは、せっかく育てた植物が害虫被害にあわなように、しっかりと害虫対策をすることがポイントです。
薬品を使った駆除法もありますが、できるだけ薬品を使わずに、自然の力で駆除するようにしたいですね。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>