梅の木の剪定について

梅の木の剪定について

バナー原稿imp

梅の剪定についてお話ししたいと思います。

剪定は、植物の生長をたすけるために行うものですが、梅は、剪定の効果が目に見えてあらわれやすい植物だと言えます。

梅には、花の観賞用と、実を収穫するための品種がありますが、どちらにとっても剪定は大切になります。

梅の剪定について、剪定時期や、剪定方法について詳しく調べてみましたので、どうぞ読んでみてください。

 

「梅」は、春先にかわいらしい花を咲かせ、その後はおいしい実をつけてくれる、昔から日本人が馴れ親しんでいる植物ですね。
このように、花と実の両方で楽しむことができる「梅」ですが、ちゃんと剪定をしておかないと花も実も少なくなってしまいますから、しっかりと剪定をしてあげましょう。

梅の剪定は、目的によって次の3つに分けられます。

①花後に行う新梢を出させるための剪定
②翌年の花を多くするため、風通しや日当たりを良くする夏季剪定
③余計な枝を切り落とし、樹形を整える冬季剪定

 

①の花後の剪定
一つの枝に葉芽が数個残るように、枝の1/3程度を切ります。

②の夏季剪定
花芽をつけた枝に良く日が当たるように、余分な枝を間引きして風通しを良くします。実を収穫した後、7月下旬から8月上旬にかけて行います。

③の冬季剪定
つぼみをよく見て、外芽の上で切ります。たくさん枝分かれしている場合は、一本だけ残すようにして、新梢の3分の1程度を剪定すると、来夏、枝がたくさん出ます。

 

実の収穫を目的とするなら、収穫後の柿剪定と冬季剪定を行い、花の観賞を目的とする場合は、主に花後の剪定を行います。
徒長枝(伸びてはいるが弱っている枝)などを根元から切り落とし、込み合っている部分を間引いて整理したら、枝の先から1/3~1/2位を切り詰めましょう。
このとき、必ず外芽(外に伸びていく芽)の上で切るように気をつけてください。

目的は花と実のどちらでも、きちんと剪定を行って、大切に梅を育ててあげたいですね。

 

筆者は、昨年はじめて「梅干し作り」に挑戦したのですが、苦労のかいあって、美味しい「梅干し」ができあがりました。
やはり、手をかけて作ったものは格別な味がしますね。
自分で育てた梅の木だったら、もっと感激したかもしれません。

梅は、手をかければかけるほど、たくさん花を咲かせ、実をつける木だと言われています。
丁寧に剪定して、大事に育ててあげましょう。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>