植木を剪定する時期について

植木を剪定する時期について

バナー原稿imp

植木の剪定についてお話ししたいと思います。

鑑賞を目的とする植木には、姿形を美しく整える剪定が必要となります。

本来の剪定は、植物の生長を助けるために行うものですから、姿形を整える剪定の場合も、剪定時期や適した方法を知っておくことが大切です。

一般的な剪定時期と、剪定を避けたほうが良い時期について調べてみましたので、どうぞ読んでみてください。

 

「植木」は鑑賞することが主な目的ですから、樹木の姿を美しく整える剪定作業は欠かせませんね。

植木の剪定は、大きく分けると「夏期剪定」と「冬期剪定」に分けられますが、樹木の種類によって剪定に適した時期はさまざまです。

例えば、落葉樹や耐寒性の針葉樹は、樹木に与える負担や生長への影響を考慮して、休眠中の期間に樹形の骨格づくりを目的とした「整枝剪定」を行い、新芽が伸び始める春頃から初夏にかけて「春季剪定」を行います。

松の場合は、この頃に「みどりつみ」という作業を行い、新芽の生長がおさまる6月から7月頃に「夏季剪定」を行って、込みすぎた枝を切り落とし、通気性や日当たりを良くして樹姿を整えます。

秋は、樹木の生長が低下して休眠状態になる時期ですので、本来であれば樹木を傷つけることは好ましくありません。
ですが、日本では新年を迎える準備として10月から12月にかけて剪定を行う家庭が多く、通気性と日当たりを良くして植物の生長を助けるために行うこともあります。
また、この時期に剪定を行うと、翌年、枝葉が繁茂するまで期間が長くなるため、管理のしやすさ、または鑑賞の目的で行うことが多いようです。

植木の剪定は、鑑賞のためだけでなく、植物が健康に生長するために欠かせない作業です。
植木の種類によって、作業の方法や時期はさまざまですが、それらをきちんと把握して剪定を行い、植木を大切にしてあげましょう。

 

植木の剪定は、何年か経った後の姿を予想して行うものらしく、なかなか奥が深い作業のようです。
植木の種類によって、剪定時期や方法が異なりますから、自分の庭にある植木について、しっかりと調べておきましょう。

植物に手をかけて世話をしてあげると、お返しに、美しい姿を見せて私たちの心を癒してくれます。
正しい剪定を行って、大切に育ててくださいね。

★★★
<<前エントリ