剪定をする時期について

剪定をする時期について

バナー原稿imp

剪定する時期についてお話ししていきたいと思います。

剪定の時期は、樹木の種類や目的によって違いますから、まずは、樹木の種類ごとに剪定時期を調べることから始めましょう。

一般的な剪定時期について書きましたが、木が弱っているときに行うと逆効果になってしまいますので、そういう場合は専門家に相談することをおすすめします。

剪定時の注意点も調べてありますので、ぜひ、読んでみてくださいね。

 

樹木の生長を助け、庭の美観を保つにも剪定は欠かすことのできない大切な作業です。
剪定に適した時期は樹木によって異なりますから、剪定時期を間違えると、樹木が弱り、場合によっては枯れてしまうおそれもあります。

庭にある樹木はいつ剪定すれば良いのか、それぞれの樹木について調べておく必要があります。
一般的には、落葉樹は葉が落ちてから3月頃まで、針葉樹は春先と10月から11月にかけて、常緑樹は3月から6月、9月から11月頃ですが、寒さが厳しい冬には剪定しない方が良いでしょう。

花が咲き、実もなる樹木の場合、花が咲き終わってからと、実の収穫が終わってから剪定を行いましょう。
別頁でくわしくお話ししていますが、梅の場合は、花が咲き終わっ直後、5月から6月までの間、そして12月から1月にかけての冬に剪定を行います。

剪定というのは枝を切り落とすことですから、当然のことですが枝に切り口が出来ます。
木が弱っているときに剪定を行うと、切り口から傷んでしまい、枯れてしまうこともあります。
木が弱っているときは、枝が上にあがるような軽めの剪定に留めておいて、樹勢を強くしてあげましょう。
できれば、専門家のアドバイスを受けて、木を回復させることに努めてください。
また、極端に気温が高い時期、または低い時期は、木の回復が遅くなっていますので、こういった時期の剪定も避けます。

剪定をおこなう時期は、このほかにも、梅雨の水分と温かい気温で生い茂った枝を整えてスッキリさせたり、清々しい気持ちで新年を迎えたいときなど、剪定の目的によっても変わってきます。

剪定は、それぞれの樹木に適した時期を把握しながら、普段から樹木の様子もしっかりと観察しておかなければならない作業です。
美しく元気な樹木と、庭の美観を保つために、剪定の時期について覚えておきましょう。

 

樹木の生長を助けるためとはいえ、枝を切り落とせば「切り口」ができますし、樹木が弱っていると、そこから傷んで枯れてしまうおそれもあります。
そういった事態を避けるためにも、樹木に適した剪定時期をしかりと把握しておくことが大切ですね。
それから、樹木が弱ってしまったら、樹医(緑のお医者さん)に相談してみると良いですよ。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>