パーゴラをDIYで作ろう

パーゴラをDIYで作ろう

バナー原稿imp

「DIY」は英語の「Do It Yourself」の略語で、「自分の手で作ってみよう!」という意味の言葉です。

ガーデニングブームで自宅にパーゴラを設ける人も多くなってきましたが、「パーゴラをDIYで作ろう」という手作り派も増えてきたようです。

パーゴラの材料もホームセンター等で簡単に購入できるようになりました。

さあ、素敵な空間をつくりだしてくれる「パーゴラ」を、DIYで作ろう!

 

「DIY」は、英語の「Do It Yourself」の略語で、主に住居空間を作り出すときに使う言葉です。
「自分の手で作ってみよう!」といった意味で、自らの手でものを作り、デザイン面でもコスト面でも充実感を得よう、という概念の言葉のようです。

日本では、パーゴラを作るならリフォーム業者に依頼しよう、という方がほとんどだと思いますが、アメリカでは、「DIY」に必要な資材や工具を専門に取り扱うホームセンターが各地にあり、大手のホームセンターには「DIYアドバイザー」と呼ばれる有資格者がいて、「DIY」の知識を専門に伝授しています。

カタログや通販などでもパーゴラの完成品を購入することができるのですが、近年のガーデニングブームも手伝って、安価でありながら充実感や達成感が得られる「パーゴラの手作り」をする人が増えているようです。

初心者の方にもわかりやすいように手順や施工例などを紹介しているホームページもありますし、ホームセンターの「ガーデンコーナー」では、数々の部品や、DIY派のためのパーゴラキットも販売されるようになりました。
また、ネット上にもたくさんの種類が載せられていて、価格も10万円くらいからあるようです。

趣味の日曜大工…というには大掛かりになるかもしれませんが、素敵なパーゴラが出来上がったときの充実感を想像して、取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

大型のパーゴラを作るのはたいへんだと思いますが、自らの手で作り上げたパーゴラがつくりだす癒し空間は、格別でしょうね。

キットを利用したり、ネットで詳しく調べておくのも良いと思いますが、日本でも、DIYアドバイザーがいる店が増えてきています。
初心者にとって、DIYアドバイザーは強い味方です。
相談しながら作れば、きっと良いアドバイスをしてくれことでしょう。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>