冬の花壇作り

冬の花壇作り

バナー原稿imp

冬の花壇づくりについてお話ししたいと思います。

一年の中で最も花が少ない季節ですので、冬の花壇は寂しい感じになってしまいがちです。

冬の花壇でも元気に花が育ってくれるようなローテーションを組み、植物を選ぶことがポイントです。

冬の寒さに負けずに、可憐な花を咲かせる植物について調べてみましたので、どうぞ読んでみてください。

 

冬の花壇づくりは、冬から早春にかけて見頃を迎える花を選ぶことからはじまります。
そして、四季を通して美しい花が楽しめるように、ローテーションを組み、植え替えをしていきます。

花壇づくりビギナーの人や、ガーデニングにあまり時間をかけられない人の場合は、まず、年2回の植え替えからはじめましょう。
これなら、それほど手間もかかりませんよ。

冬の寒さが厳しい地域で花壇をつくるなら、冬の寒さに負けない、耐寒性のある花を選ぶようにして下さい。
好みの花を選んで、寄せ植え花壇をつくることも出来ます。

寒い冬の花壇でも、元気に育って可愛い花を咲かせてくれる定番の花といえば、やはり「パンジー」「ビオラ」ですね。
「パンジー」「ビオラ」は、色の種類がたいへん豊富ですから、お好みの色が選びやすく、花壇のイメージによって“バラ咲き”や“八重咲き”のものを植えてみるのも良いでしょう。

「スイートアリッサム」は、ビギナーでも育てやすい植物で、白色のほかに、ピンクや水色の花を咲かせるものもあり、他の植物とも寄せ植えがしやすく、とても花壇に映える植物です。
水切れに弱いことが注意点ですので、よく観察して、こまめに手入れをしてあげましょう。

愛らしいピンク色の小花を咲かせる「プリムラ・ジュリアン」は、香りも良く、育てやすいので、寄せ植えにもぴったりの植物です。
また、鉢植えのイメージが強いシクラメンですが、「ガーデンシクラメン」は寒さに強く、戸外でも元気に育ち、きれいな花を咲かせてくれます。

開花期になると、次々と花が咲きますので、花が終わったものから順に花がら摘んであげましょう。
耐寒性のある植物でも、直接 霜があたると花つきが悪くなったり、枯れてしまうこともありますので、霜があたらないように注意しましょう。

 

花屋さんに「プリムラ・ジュリアン」の鉢が並ぶと、もう春なんだなぁ…という実感がわきますが、自宅の花壇で春の訪れを知るのも素敵ですよね。

筆者の家にもビオラがありますが、まだ雪がうっすらと残っている頃から、愛らしい小さな花を咲かせています。

“ハボタン”も昔からある冬の花ですが、最近では、小型で淡いピンク色の品種が人気のようです。
冬の花壇の彩りにいかがでしょうか?

★★★
<<前エントリ