米ぬかで肥料を作ろう

米ぬかで肥料を作ろう

バナー原稿imp

ここでは、米ぬかを使った肥料についてお話ししたいと思います。

米ぬか(玄米の発芽部分)は、これまでは精米時に捨ててしまうことが多かったのですが、今、たいへん栄養豊富な食品として脚光を浴びています。

もちろん、米ぬかには高い効果が期待されるのですが、そのまま撒いてしまうと虫の発生などの障害があります。

米ぬかを使った肥料の作り方について、詳しく調べてみましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

玄米を白米にするときに、種皮や胚芽部分を除去する精米を行いますが、この除去された部分が「米ぬか」です。
精米をして、白米を食べることが多いので、「米ぬか」は廃棄されてしまうことが多いのですが、栄養価がとても高い部分なので、昔から米ぬか油などに利用されてきました。

栄養価の高い「米ぬか」は、肥料としても養分となる成分に富んでいますので、捨ててしまってはもったいないですよね。
ですが、「米ぬか」をそのまま撒くと、虫の大量発生や、発酵による熱やガスの発生のおそれがありますから、そういった障害を防ぐために、「米ぬか」を発酵させてから使用しましょう。

 

ここでは、EM菌を使って米ぬかを発酵させた「EMボカシ肥料」の作り方をご紹介したいと思います。

【用意するもの】
軽量カップ、密封容器、米袋、黒ビニール袋、ジョウロ

【EMボカシ肥料の材料】
米ぬか4kg、油粕1.5kg、魚粉1.5kg、お湯600cc、糖蜜10cc、EM10cc

【準備】
水道水を一昼夜汲み置きしておく

①…容器に米ぬか、油かす、魚粉を入れてよく混ぜ合わせます。
②…汲み置きした水道水を40℃に温め、糖蜜とEMを加えて混ぜ合わせます。
③…②で作った糖蜜・EM入りのお湯をジョウロに入れ、米ぬか、油かす、魚粉にふりかけます。
   よく混ぜ合わせたら米袋に入れ、さらに黒ビニール袋に入れて密封します。
④…黒ビニール袋のまま日光にあてて内部の温度を上げて、夜になったら家の中に入れます。
   気温の低い冬季の場合は、湯たんぽを用いたり、毛布で包む等して、初期温度を上げてください。
⑤…4~5日すると甘酸っぱい発酵臭がしてきますので、そのまま一週間ぐらい置けば出来上がりです。

この「EMボカシ肥料」を、堆肥といっしょに混ぜ込むと、植物の生長を助ける元肥として利用できます。
ここに挙げた材料は一つの例ですから、ご家庭でオリジナルの配合を試してみるのも良いと思いますよ。

 

自動精米機で精米をすると、「米ぬか」がたくさん出てきます。
春は、米ぬかを持ち帰って筍をゆでるときに使いますが、えぐみが無く、おいしく出来上がります。
ビタミン、ミネラル、食物繊維などがたっぷり含まれている「米ぬか」は、今では健康食品としても販売されています。
こんなに栄養豊富な米ぬかですから、やはり、捨ててしまうのはもったいないですよね。

★★★
<<前エントリ