化学肥料とその使い方

化学肥料とその使い方

バナー原稿imp

ここでお話しする「化学肥料」は、化学的に合成された無機肥料のことです。

化学的な操作をして作られたものですので、成分がわかりやすく、即効性があるのですが、持続性が無く、与えすぎると過剰障害を起こしてしまうという特徴があります。

化学肥料の種類や正しい扱い方、有効な使用方法などについて詳しく調べてみましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

肥料の3要素は「窒素・リン酸・カリ」ですが、化学的に合成された無機肥料を「化学肥料」と言います。
「化学肥料」の中でも、3要素のうち1つしか含んでいないものを「単肥」と言い、3要素のうち2つ以上を含むように単肥を混合したものを「複合肥料」と言います。

さらに、単肥に化学的操作を加えて、3要素のうち2つ以上を含むようにしたものが「化成肥料」で、別頁に説明があります。
「化成肥料」の中でも、「窒素・リン酸・カリ」の3要素の合計が30%以上のものが「高度化成肥料」で、それ以外のものは「低度化成肥料」または「普通化成肥料」と呼んでいます。

「化学肥料」には“液体”と“固体”のものがあり、固体の化学肥料は、さらに粒状・粉状のものに分かれています(粒状のものが大半を占めています)。

「化学肥料」のメリットは、成分の計算がしやすいこと、養分を均質に撒くことができること、そして即効性があることです。
特に、液体肥料は即効性に優れているので、すぐに養分を必要としている植物には液体肥料を施すと良いでしょう。

ほとんどの化学肥料が即効性のものですが、そのぶん肥料の効果に持続性がないというデメリットがありますので、持続性をもたせるために、樹脂コーティングで溶けにくくした被覆肥料など、緩効性の肥料もあります。
化学肥料を使う場合は、何回か繰り返して肥料をまくようにするか、緩効性の肥料を併用して施すようにすると良いでしょう。

「化学肥料」は扱いが簡単なので、手軽に使用することが出来ますが、有機質肥料に比べると成分濃度が高くなっていますので、与え過ぎは要注意です。
与え過ぎによって過剰になった成分の種類によっては、過剰障害を起こす場合もありますし、肥料焼けを起こしてしまうこともあります。

「化学肥料」に記載されている適量や使用方法を守り、「どんな成分が不足しているのか」をしっかりと認識して、植物や土の状態にピッタリ合った肥料を与えるようにしましょう。

 

即効性のある化学肥料は、上手に利用すれば、植物を元気にしてくれる優れものですね。
化学的に作られていているということは、自然の状態とは異なるということですから、やはり与えすぎるのは良くないようです。

化学肥料は、記載されている用量・用法をしっかりと守って、堆肥などの有機肥料と併用すると、植物の強い味方になってくれそうです。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>