ベランダガーデニングを楽しむ

ベランダガーデニングを楽しむ

バナー原稿imp

マンション住まいなど庭のないご家庭でも、気軽にガーデニングを楽しむことができます。

このページでは、ベランダでガーデニングをはじめるための注意点や、美しく、センス良く、そしてバランスのとれた眺めになるようなポイントについて、お話したいと思います。

植物を元気に育てるためのコツも書いてありますので、どうぞ、読んでみてください。

 

「家には庭がないからガーデニングは無理…」と、あきらめてはいませんか?
広い庭だけがガーデニングの楽しみではありません。
ベランダ位の空間があれば、十分にガーデニングを楽しむことができるのです。

ベランダでガーデニングを始める前に、確認してほしいことがあります。
まず、ベランダの面積、どの程度の日光が当たるか、風通しは良いかなどの環境、排水口の位置、管理上の制限の有無などを確認します。
これらをすべてを確認したうえで、全体のイメージや、育てる植物の種類、植物の配置、置き場所などを考えていきます。
簡単に絵に描いてみると分かりやすいですね。
ポイントは、日当たりと通気性を確保するために、植物を立体的に配置することです。
トレリスや棚を使ったり、ハンギングバスケットやスタンドを活用すると、オシャレで立体的なベランダガーデニングが出来あがります。

ベランダでガーデニングをするときの注意点は、コンクリートの床・壁からの強い照り返しです。
特に夏になると驚くほど高温になる場合がありますので、植物は床に直接おかないようにして、ウドデッキパネルやレンガを下に敷くようにしましょう。

また、ベランダでのガーデニングでは、思いがけずご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。
特に、目に見えない肥料のニオイには気をつけたい点ですし、排水口が詰まると大変ですので、鉢の下に必ず受け皿を置くようにしてください。
それから、大切な「非難通路」の前に植物を置いてしまわないよう、注意してくださいね。

ベランダのような限られた空間を利用する場合、たくさんの要素を詰め込もうとするあまり、ゴチャゴチャした印象になることがあります。
花の種類はよく考えてから選び、必要以上にコンテナの数を増やさないようにしましょう。
空間に奥行きを持たせ、バランスの良い配置にするには、室内から見て手前に大きい葉や花をつける植物を、奥の方に小さい葉や花をつける植物を置くと良いでしょう。
また、まとまりのある空間を演出するためには、室内とベランダとの一体感をつくり出す工夫をして、全体のイメージを統一したり、素材感を揃えることが効果的です。

家族みんながホッとして寛げるような、花と緑の空間を作ってみて下さい。

 

ベランダで素敵なガーデニングをするための“コツ”、いくつか集めて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
植物を置く場所の環境をしっかりと確認したら、あとは日当たりや風通しを考慮して、植物をバランス良く配置するだけです。
どんなイメージで、どの植物を選んでゆくかというのが、あなたのセンスの見せどころです。
さっそく、ベランダガーデニングにトライしてみましょう!

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>