植木を取り入れる

植木を取り入れる

バナー原稿imp

植木を使うと、奥行きと広がりがあって、自然を感じさせるガーデニングをすることができます。

植木を使ったガーデニングというと、難しいイメージを持っている方が多いかもしれませんが、植物が持っている「個性」を理解すれば大丈夫です。

このページでは、植木をする前の確認から、お手入れの仕方までが書いてあります。
まずは、気軽に読んでみてください。

 

それほど大きくない草花であれば、植え替えの手間はかかりませんが、「樹」となればそう簡単に植え替えることは出来ません。
専門業者に頼んで根っこから掘りかえさなくてはなりませんから、「花が好き」「食べられる実がなる」といった安易な理由で選ぶと、後々あつかいに困ることになります。

まだ「幼木」の段階であれば、自分でも手入れができると思いますが、大きく成長した樹となると、専門知識がなければ簡単にはできませんし、適した手入れが受けられない樹は、相当なダメージを受けることになります。
ガーデニングで樹を植える場合は、自分の庭の環境と、その樹の特性を十分に把握しておかないと、人間にも、樹にとっても、マイナスになるのです。

 

ガーデニングで植樹をするなら、庭の環境を把握するのが第一です。
最も日当たりが良いのは何時から何時の間か、日陰になる部分はどこか、水はけの状態はどうかなど、一通り確認してください。
そうすれば、その庭の環境に合った樹を選ぶことができますし、ある程度お手入れを自然に任せることができますので、人間の手間は最小限で済むことになります。

樹を選ぶポイントは、成長したらどれくらいの高さになるかを、しっかりと確認することです。
一般的な家庭のガーデニング用としては、1~3mの低木か5~12m位の中高木で充分だと思います。
また、枝葉が横に広がるタイプの樹を植えるときは、隣家とトラブルにならないように、植える場所は慎重に決めるようにしてください。

そして、何よりも大切なことは、お手入れの仕方です。
庭に植えた樹の場合は、その庭にピッタリ合った形と大きさでいてもらわなくてはいけませんし、花木の場合は、翌年に良い花を咲かせるために、古い枝を切り落とす必要があります。

また、害虫や樹の病気を予防し、強風で枝が折れることを防ぐために、採光や通風の妨げになる枝も取り除きます。
このように、樹の形を乱す枝を取り除きながら形を整えてゆくと、余分な枝に栄養をまわさなくなるので、樹の勢いも衰えなくて済みます。
もちろん、庭がないご家庭であっても、ベランダ、室内にコンテナを置けば、樹のある風景を楽しむことができます。

 

いかがですか?
樹の個性を知ってあげれば、あとは、自然と一緒に、あなたがほんの少し手をさしのべてあげれば良いのです。
コンテナに植えられた樹だって、りっぱなガーデニングです。
ベランダや室内に、お気に入りの樹があると、自分だけの“小さな森“を持っているような気分になれるかもしれませんよ。
あなただけの素敵な森、つくってみませんか?

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>